オリジナルの出産内祝いを贈る方法❘写真と名前で赤ちゃん紹介

ウーマン

気になる相場

香典返し

大切な家族の別れの場となる葬式では、遺族から参列客へ香典返しが手渡されます。参列客から頂く香典のお返しとなるので、その相場は香典よりも低く設定することが大事です。その中身にお茶やタオルが多く選ばれているでしょう。

View Detail

費用を大幅削減

フラワー

結婚式の引出物として、最近はカタログギフトが多く選ばれるようになりました。カタログギフトは、受け取る側が好きな商品を選べるようになっているので、とても便利なものでしょう。割引されているものであればお得になります。

View Detail

名入れするサービス

幼児

頂いたギフトのお返しとして内祝いを贈ることが日本の中で風習となっています。内祝いとなるギフトには出産内祝い、新築内祝い、就職内祝いなどがあるでしょう。それらのものを選ぶ際には、相手が受け取って喜ぶことを考慮するといいでしょう。赤ちゃんが生まれたときには、身近な家族、友人や親族からお祝いの気持ちが届けられるでしょう。それらのお返しとなる出産内祝いは、頂いてから約3ヶ月以内に手渡すことが理想だとされています。

正式な形のギフトとなるので、贈る際にはしっかりのし袋を貼り付け、なるべくは手渡しするよう心がけましょう。しかし、遠方に住んでいる為に手渡しが困難だという場合には、宅配サービスを利用する手がありますが、事前にその旨を届け先となる人へ伝えておきましょう。連絡もなしに無言の状態で届くと、不信感が生じる恐れがあります。また、宅配サービスの場合、自宅にいなくては受け取ることができません。時間の都合をつけてもらう為にも必要なことです。

出産内祝いに貼り付けるのし袋を選ぶ際にオリジナル性を出すのであれば、生まれた赤ちゃんの名前と顔を覚えてもらう為にも写真や名前を印刷するといいでしょう。以前までは文字のみの印刷でしたが、近年はポップに可愛らしくラフにした出産内祝いが人気を集めているものです。そういったものを選ぶと、スタンダードなものよりも可愛らしい印象を強く与えることができ、相手を喜ばせることもできるでしょう。

サプライズとなる演出

クローバー

結婚式のプログラムの中には、両親へ感謝の気持ちを伝えるプログラムが組まれています。その際に、これまでのお礼を込めてサプライズでプレゼントを贈るといいでしょう。そのプレゼントは工夫次第でさまざまな演出にすることができます。

View Detail